会長コラム

会長コラム

健全な経営と納税、社会貢献の一年

明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、お健やかに輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

日頃は当会の事業活動に対しご協力ご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

今年こそ長く続いた経済不況が打破され企業の活力が増す国政を信じ、景気が上向くと期待しています。

私共法人会は「健全な経営・正しい納税・社会貢献」を主要なテーマに活動をすすめている民間の税務関係団体で、現在約2800社の会員数で構成しているよき経営者をめざすものの団体です。昨年4月に念願の公益社団法人へ移行し1年を経過しようとしております。公益事業のひとつとして税に関する事業では、地域児童等への租税教育や税のパンフレット配布等を行い税に関する意識啓発を行ないました。さらに町田間税会と共催で町田市内の中学生に「租税教育資料」の配布と税の標語の募集、また小学生に対し「税に関する絵はがきコンクール」をすることで租税教育活動を致しました。また支部単位で税制改正について税務研修会を開催しました。地域企業の健全な発展に関する事業では、実務簿記講習会やパソコンセミナー、事業承継に関する公開セミナー等を開催しました。地域社会貢献に関する事業では4月に宮城県亘理郡山元町へ花を植えに行きました。9月には福祉バザーを行い社会福祉協議会へ売り上げを寄付いたしました。また一年を通じ都道3411号線の歩道を清掃しております。11月の税を考える週間には公開講演会を開催しその入場料と支部で開催した「がんばろう日本!チャリティ芸術祭」に於いても義援金を集い合わせて引き続き山元町へ花を寄贈する予定になっております。12月にはクリスマスコンサートを開催も開催しました。

また会員に向けた公益事業では、福利厚生サービスや親睦交流事業の新入会員交流会や新春の集い、ボウリング大会やバス旅行なども開催し楽しく為になる法人会へ向けて努力してまいります。

以上が昨年一年間の町田法人会の主要な活動ですが、前にも述べましたように当会は、公益社団法人の許可を得て丁度一年を迎えようとしています。何分にも初めてのこと尽くめでしたので、公益社団法人の活動として更なる検証、改善が求められるものと考えております。町田法人会が公益社団法人としての社会的な責務を全うしていかなければ、その存在理由は脆弱なものになりかねません。町田法人会の将来の発展のためにも、公益社団法人として正に相応しい活動を展開するため、その道筋をつけてゆくのが現行役員の最重要課題と受け止めております。

これからも地域の皆様方のために、そして公益事業を支えていただいている会員企業のために、税と経営と社会貢献活動で社会のお役に立てるよう町田法人会は更なる努力を重ねてまいる所存でございます。

結びになりますが、地域企業の発展を願い皆様方の益々のご繁栄とご健勝を祈念申し上げご挨拶とさせていただきます。

2013年01月10日

先頭に戻る

税のトピックス

>>もっと見る

  • 会長挨拶
  • よくわかる町田法人会