よくわかる町田法人会

よく分かる町田法人会

よく分かる町田法人会

  • 法人会のイベント
  • 町田法人会に入って
  • 入会案内
町田法人会のイベント
新入会員交流会

新入会員の方に法人会をよく理解していただき、会員相互の交流と親睦を図るため新入会員交流会を開催します。 当日は数十人が集まり、それぞれ自社のアピールをきっかけに交流の輪を広げます。

尾根緑道さくら祭り

「尾根緑道さくら祭り」のPRコーナーに出展しします。子供向けの税金クイズとPRテッシュ、税のマンガ本を配布しました。
子供向けに用意した税金クイズでは、「税金」って何?・・・と、あまり馴染みがないのか相当頭をひねって考えていたようです。

pagetop
インタビュー
ホームタウン・町田と共にフットサルで地域を盛り上げたい

 こんにちは。株式会社 CASCAVEL FUTSAL CLUBE(ペスカドーラ町田)の関野淳太です。

 子供の頃からブラジルに憧れており高校を卒業してすぐにブラジルへ留学しました。目的はサッカーです。当時はまだJリーグも発足しておらず、サッカー留学という言葉も一般的ではありませんでした。それでもブラジルには親戚が住んでいたため、普通の人よりは行きやすかったと思います。

 ブラジルで念願叶ってサッカーのプロ選手になって、全国2部(州で1部)のチームでプレーしていました。

 そんな時、防衛庁(現防衛省)の厚木マーカスというサッカーチームでJFL(当時の最高峰。日本サッカーリーグ)を目指すから来ないかという話をもらい、「国家公務員になってサッカーができるなら!」と帰国しました。ブラジルに渡ってから6年目のことでした。

 結局10年、この厚木マーカスというチームにいたのですが、怪我をしたこともあり33歳で引退しました。そしてマリーニョ選手のサッカー教室などを手伝うようになり、甲斐修司、そしてフットサルと出会いました。

 まだフットサルという言葉が一般的でなかった時代の日本に、フットサルを広めプロ化して行きたいという夢を持っていた甲斐修司と出会い、甲斐は関西でチームを立ち上げ、自分は湘南でロンドリーナというチームを立ち上げました。

 Fリーグ立ち上げ時に、ロンドリーナは湘南ベルマーレのフットサルチームとなりました。自分は甲斐に誘われてフットサル界に入ったので、いつかプロチームを立ち上げた時には一緒にやりたいと思っていたため、湘南ベルマーレにロンドリーナをお願いし、自分は甲斐のいるペスカドーラ町田へジョインしました。そこからはずっとペスカドーラ町田に関わっています。

 今回租税教室とサッカー教室のコラボイベントをさせていただきました。

 今までもホームゲーム時に色々なコラボイベントを実施して来ましたが、町田法人会の様なホームタウンの主要団体と、地域の子供たちのために、選手と一緒に税の仕組み学べることは、地域密着型クラブを掲げている私達にとって、非常に意義のあることだと思いました。

 実際開催してみると、子供たちと選手たちが一緒になって、普段知ってるようで、実はあまり理解していなかった税の仕組みや、使い道などを学べたこと、また質問に対して選手が間近で答えるのを見た子供たちが、自分の考えを発言する場面も見られ、子供たちの自主性を促す、良い機会になりました。また、保護者の方々からも大変ご好評頂きました。

 今後も出来ることなら、年に一回はこの様なイベントを青年部会の皆さんと一緒に行って行きたいと思っています。今後ともよろしくお願いします!

pagetop
入会案内
まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ

郵送またはFAXなどで、パンフレットと入会申込書をお届けします。
詳しい入会案内についてはこちら。

pagetop

税のトピックス

>>もっと見る

  • 会長挨拶
  • よくわかる町田法人会